日本人が好きな味|カレーの王様ココイチで召し上がれ|メニューが豊富

カレーの王様ココイチで召し上がれ|メニューが豊富

日本人が好きな味

ウナギ

他の地域で味わえない特徴

うなぎは、平安時代から千年以上、日本人が食している食べ物です。色々な地域で養殖していますが、静岡県の浜松市がうなぎの養殖発祥の地といわれています。浜松市内には数多くのうなぎ専門店があり、国内以外にも海外からのお客さんも見られます。浜松市で養殖されたうなぎの特徴は、全く臭みが無く、旨味が凝縮されている事です。また、全体的にふっくらとしていますが、身は締まり脂の乗りがいいことも特徴です。うな重にして食べると、外はパリっと中はふっくらと香ばしく焼きあがっています。浜松市内の店には、滋養強壮のために夏に食べる方が多くいます。しかし、実はうなぎは、冬眠を前に栄養を蓄えた秋が一番おいしいとされています。なので、秋に浜松にある専門店で食べる事をお勧めします。

養殖の方法について

うなぎは、基本的に浜名湖の湖畔に掘られた養鰻池で養殖されます。浜名湖は、冬でも温暖な気候で、湖の天然水がとても綺麗である事が特徴です。よって、温かい気候ときれいな水を好むうなぎにとって、理想的な環境といえます。養殖の方法は、 毎年12月から春にかけてやってくる稚魚を捕獲することから始まります。捕獲した稚魚は、湖の環境に慣れるまで最低1週間は餌を与えないです。一週間を経過した頃、ようやく離乳食にあたる餌を少しずつ与えていきます。繊細な作業なので、最初の数ヵ月は泊まりで餌をやることになります。1日に5、6回に分けて、稚魚の様子を見ながら餌をやります。これだけ手間と時間をかけているので、浜松市のうなぎは多くの人の舌をうならせています。